はんどHeaveN

コミック

隆司と沙姫は幼馴染み。同じ学校の美術部で、隆司は沙姫に罵倒されてばかりの日々。ある日、ひょんなことから沙姫の部屋にもぐりこんだ隆司は、沙姫がハンドモデルを使ってオナニーしているのを見る。しかも隆司の名を呼びながら。まさか沙姫が俺のことを好きだったなんて、と喜んだ隆司だが、沙姫に言わせるとそれは違う。好きなのは隆司の手だけなのだと。「アンタみたいなクズ、手以外の価値なんてないわよ!」とまで言われて、怒った隆司は沙姫の胸を揉みしだく。ずっとこの巨乳を見せつけられていて気になっていたのだ。