催淫アプリ

コミック

予備校の講師を務める・果菜。ある日、携帯電話の落し物を拾い、持ち主が引き取りに来るまでの間、彼に勧められるままに入っていたアプリの音楽を聴くことに。しかし、その音楽を聴き始めた途端、果菜の体が勝手に疼きだして――?見知らぬ部屋で目を覚ました果菜は、部屋にも流れ続けるその音楽に再び翻弄されていく。ダメなはずなのに、果菜の体は熱を帯び快楽を求めついには……。「精液いっぱい流し込んで――!!」絶頂を迎えた果菜に休まる時間はなく、控えていた教え子たちの若い肉棒を次々と咥え込み……。女の体を意のままに操れる催眠アプリ――。止まない音楽とともに、高嶺の花の女講師は淫楽の底に堕ちていく!