Angel Crisis

コミック

悪の組織ウロボロス団の領域に単身乗り込んだ聖天使スワン。敵の首領を目前にしながら、あえなくその配下に捕らわれてしまう。完全に囚われの身となったスワンは、気丈にも抵抗するが、ウロボロス団のキュアー大佐に口移しで飲まされた媚薬によって、その身体は火照り、手足は痺れ始める。「神族の胎内に魔族の種を植えてこそ真の世界征服」両性具有の能力を持つ魔族に容赦なく犯されていくスワン。その肉体を魔族の子孫を産み続ける贄とするため、キュアー大佐の恐るべき「最適化」が施されるのだった――。触手!強制種付け!ダークエロスのカリスマ・乱満が描く止むことを知らない異種交配の宴!!