およめさまHONEYDAYS(7)

コミック

テレビタレントの洋子は、今までのセックスを回想する。仕事を取るための枕営業、レイプ、オナニー、そして受けた調教の数々。それは全部「キモチイイ」はずだった。そんな彼女が愛したのはマネージャー。しかし彼は自分の容姿にひどいコンプレックスを持っているため、洋子の愛を素直に受け取れない。ならばと洋子が提案したのは、マネージャーが洋子専用の肉バイブになるということ。洋子の言いなりになって奉仕するうちに、マネージャーは洋子の哀しみに触れることになる。