清純ビッチ

コミック

ゆららは俺の彼女。そして悩みの種でもある。学校のアイドルで清純派美少女だけど、とにかくエロい。電車に乗っているとガマンができないとフェラしてくる。そんなビッチにしてしまったのは、実は俺のせい。思い起こせば玉砕覚悟の告白で両思いが判明、初恋同士過激なプレイが止まらない。結局俺は無垢なゆららを俺の妄想色に染め上げてしまい、さらに彼女は急速にそれ以上になってしまったのだ。今日もゆららの家に着くと、玄関で下着を下げ、オシリを突き出して誘ってくる。