感じたくない?~年上のあなたを奪う10の反則 3

コミック

観察力が鋭すぎて、彼女の些細な心変わりも見抜いてしまう僕の恋は、いつも上手くいかない。秘密や嘘は、仕草に表われるんだ。今日も彼女の嘘に気づいてしまって、恋が終わった…。失恋の痛手を振り切るために、やけくそで飛び込んだ町の古びた探偵事務所。この観察力を生かして探偵として働こうと扉を開けた途端、僕はあなたの不倫を見抜いた。優秀な探偵であるあなたと、不倫を言い当てられて涙するあなた。そのギャップに、僕の鼓動がドクンと鳴った。僕を傍においてください。僕が必ずあなたを奪う。※この作品はコミックノベルになります。ご注意下さい。