HIDEYUKI-勇気とともに-

コミック

雷鳴轟く日、ある産婦人科で生まれた男の子は先端まで皮に包まれるという悲劇の身体をしていた。この子の肉体は悪魔に呪われていると嘆く母親、一生地下牢につなげと言う祖父。しかし父はその子に皮出勇気(ヒデユキ)という名前を授け、運命を乗り越えさせることを選ぶ。そんなこんなでヒデユキもお年頃に。包茎治療を受けることを決意したが、なかなかすんなりとことは運ばない。ようやく手術にまでたどり着いたが、担当医の巨乳女医はとてつもなく不器用だった……!