ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【第5話】つり革に拘束されローターを入れられ終電に取り残されて…

コミック

「お尻の穴」という新たな性感を開発されたのぞみのカラダは、ますます男達の思い通りのモノに変貌を遂げる。長時間にわたって繰り返される「天罰」。始まってから6時間、長かった映画館での天罰の実に3倍の時間が経過していた。残り10分――。男達は「イカずに耐えることが出来れば今日の天罰を終わりにしてあげる」とゲームを提案。すでに何度もイカされ、全身が敏感になっているのぞみにとって、それは絶望的なゲームだったが、予想に反してイカされることなく終わる。だが、それはもっと恐ろしい天罰への幕開―――終電に無理やり乗せられ、手首をつり革に拘束され、秘部にローターを仕込まれ……そんなあり得ない状態のまま、のぞみは車内に放置されてしまう。そして、独り電車内に取り残されたのぞみの前に、酔いの回った中年サラリーマンの群れが乗り合わせ……。「それ以上見ないで…!触らないで!」救いのない状況下で、悪夢のような凌辱劇が始まろうとしていた。罪深い小悪魔に注がれる、妖しく甘美な「天罰」――。帝王・クリムゾンが放つヴァージントレイン2、予断許さぬ第5話突入!!