ズタボロ娘

コミック

無惨な題名にも関わらず、‘救いのある鬼畜漫画家’として知られる著者の、7本の読み切り作品で構成。最近は読み切りより長編連載に力を入れてるMAX先生だが、短編の切れ味も侮れない。「地下室の少女たち」はひどい母親に売られた少女の受難で、安定した魅力が。やや暴走気味なのが「輪姦稽古」。相撲ファンの少女が力士に姦られ放題。ユーモアもタップリ。