ツイオク

コミック

仕事の都合で数年ぶりに帰ってきた地元。そこには高峰が初めての体験をした神社があった。今でもはっきりと思い出す、あの秋の終わりの出来事。相手の少女は神坂さん。足を向けた神社の境内には、彼女そっくりの少女がいた。そして彼女は彼を「高峰くん」と呼んだのだ。まるで過去の世界に迷い込んだような錯覚に翻弄される高峰は、そのまま少女の誘惑に乗ってしまう。服を脱いだ彼女の胸元は昔のままだった。この身体を彼は何度も夢見ていたのだ。