SINOさんといっしょ(8)

コミック

花音との激しいセックスのあと、一人物思いにふける拓海。そんな彼のもとにかおりが訪れた。そして「お互い肉欲に素直にならない?」と言って服を脱ぎ出す。心残りを恋愛感情と錯覚しないためにも、と。拓海はかおりというよりも自分自身の欲望に逆らえない。吸い付くようなフェラで一度射精しても、興奮は収まらない。中で絞られるような感覚に弄ばれ、拓海は果てしない快楽へと堕ちてゆく。気がつくとそこにいたのは花音。あれは夢だったのかといぶかる拓海だが。