研究員のゆううつ

コミック

ある警備会社の研究室、そこが吉田の職場だった。上司の博士は美少女の天才科学者。しかし博士の発明はどこかヌケていて実用には役立たないものばかり。そんな博士に吉田は密かに好意を寄せていた。ある日、吉田が博士に飲まされた薬は人を液化するというものだった。液化した吉田を入れてあるプールに落ちた博士。吉田は彼女の身体を全身で感じることになる。憧れの博士をもっと感じたくて、さまざまな穴の中まで入り込む吉田だが。