籠の中の鳥

コミック

娼館で客を取ることになった少年、ミナ。慣れないために客の機嫌を損ねてしまう。そこに助け船を出してくれたのは、同じく身を売っているトヨだった。トヨが客に奉仕している姿を見て、自分には無理だと言うミナだが、彼らは所詮籠の鳥でそんなことを言える立場ではない。何かとミナに優しく接してくれるトヨだが、ある日、ミナが何者なのかを知ってしまう。