ひとカフェヘようこそ

コミック

人と共に長い時を過ごし人を愛するようになった猫が集うカフェ。そこで働くことになった青年は黒猫の黒音を初めて接客することになる。発情期を迎えていた黒音はセーラーネコ耳美少女の姿になり精液をねだり始める。青年は初々しい手コキやフェラに耐え切れずに彼女へ口内射精してしまう。我慢しきれない二人は、黒ストッキングを破り露わになった少女の秘所へとペニスをあてがい、初めての膣内の感触を味わうのだった。