懐妊治療~凌辱の魔法医~

コミック

魔物に襲われ約1週間振りに目を覚ました少女。医師の診察によると、彼女の子宮には魔物の卵を植えつけられているという。治療として精液を直接卵にかけるため、しぶしぶ膣内出しを承諾する。膣内で感じる初めてのペニスの感覚に戸惑いながらも、彼女は子宮奥深くへと精液を注がれてしまう。だが、一週間治療を続けた彼女の体は医師のペニスを求めるようになってしまっていた。子宮に植えつけられた卵が成長し、お腹が大きくなってしまった少女は魔物の子を孕む快楽に染まっていく。