SINOさんといっしょ(6)

コミック

志乃さんのフェラに、先生はもうこらえきれなかった。抑え切れない思いを抱えてきつい入り口を突破すると、その締まり具合に先生は驚く。簡単に果ててしまったことを後悔した先生は、志乃さんのアソコに指を入れ、潮を吹かせる。さらにバックで突いてイカせると、志乃さんはこんな体にされたことを「責任取ってくださいね」と上目遣いでねだる。その妖しい視線に先生は胸をときめかす。何度も繰り返される交合。その果てに志乃さんは先生に愛を告げる。