足コキうどん、始めますか?

コミック

実家のうどん屋がなかなか繁盛しないため、新しい麺を開発しようとした吉武。だが、元手となるお金がない。そんなところに、中学の同級生と再会する!そのお腹が、うどんの生地踏みの練習にぴったりに見えて……!?