メイクLOVEアジェンダ

コミック

父親と息子、男二人の生活の中に突然彼女はあらわれた…。きっと彼女は親父のものに、でも、俺も我慢ができない。いつかはあきらめるとしも、いまは僕のモノに…。だって親父のチ○ポより俺のモノの方が彼女はきっと好きだから。