僕たちのカラダは覚えてる 1

コミック

「その顔に、欲情した。お前と僕は交尾できるのか?」付き合って3年、同棲して3年。いつも優しかった彼が、事故で記憶喪失に。いつもなら言わない言葉攻め…こんな乱暴なことをする彼じゃなかったのに、私のカラダはいつもより確実に反応していて…手首を掴まれて、ゾクリ。引き寄せられて、またゾクリ。強引に私の服を剥いで「お前の味を確かめる」もう、やめて!私が私でなくなっちゃう…優しくて文句なかった彼と、強引で淫らなことばかりする彼。本当の彼は一体どっちなの…私が本当に好きなのは…