夢想補完

コミック

喜一と姉の美琴は同じ学校に通っている。休み時間になると美琴は喜一のクラスに来てベタベタするが、喜一にはそれが鬱陶しかった。二度とまとわりつくなときついことをつい言ってしまい、美琴を泣かせてしまう。家に帰って仲直りしようとするが、そこで目にしたのは喜一の名を呼びながらオナニーをしている美琴の姿だった。喜一の姿を認めると、嬉しそうにすりよる美琴。どうやらこれが夢だと勘違いしているようだ。上にのしかかられてフェラされたり挿入されたりしているうちに、喜一も開き直ることに。