発情ルーム

コミック

海斗とつきあい始めた樹里。だがどうも浮かない顔をしている。同じクラスとはいえ、二人きりになれるチャンスがほとんどないのだ。時々目が合ったり会話するとすごく嬉しくて、そんな日の夜は決まってオナニーしてしまう。つきあっているという実感がなかなかないまま過ぎ去ってゆく日々。樹里は海斗が彼女の机でオナニーしていた時のことを思い出す。つい海斗の机でオナニーを始めてしまう樹里。そこに海斗が来て……。