カン違いラバーズ

コミック

マコは毎朝、春斗の部屋にまで来て起こしてくれるし、朝立ちチンポをしゃぶったりパイズリしたりして処理もしてくれる。だが、いつも必ず言う、「カン違いしないでね」と。それを真に受けた春斗は、「マコちゃんは優しすぎるからボクをほっとけなくて構ってくれるだけ」と思っている。そして、誤解して彼女の心までをも求めてはいけないと自戒していた。しかし、マコは本当は春斗のことが好きで好きでたまらないのだ。なかなか素直になれないマコだが。