幸せのお姫様

コミック

父と兄、三人で暮らしている幸は学校が休みの時は伯母の家に行く事になっていた。だが、そこでは「トモ兄さん」と友人達によって辱められていた。平穏な日常を守ろうと他言はせず、耐える幸。快楽という毒が体中を浸食しているとも知らずに。