絶望の首輪 (3)

コミック

香苗の大胆な行為に怒りと苛立ちを覚える「先生」。そう…「先生」は香苗を愛してしまっていたのだ。だが香苗は男=モノとしか見ておらずそれを受け入れなかった。「先生」はそれも受け入れ、決別する前に最後の行為をと香苗を抱くのだった。