青色ブリーディング

コミック

椎ノ葉のお兄ちゃんは、料理もできないしだらしなくていつもお母さんに怒られてばかり。椎ノ葉が夕飯の用意をして帰ると、食事前だというのにカップ麺なんか食べている。しかもエロ本なんか買ってきて、こんなお兄ちゃんは躾をするしかない。今日はちょっと厳しめに責め立てることに。黒ニーソで足コキされるとお兄ちゃんは、先っぽをピクピクさせて今にもイきそう。「ダメな上にヘンタイ」と罵られても言いかえすことができない。視線は椎ノ葉のおまんこにくぎ付け。