宅配便

コミック

夏のある日、ちさとがひとりで留守番をしていると、宅配便が届く。他に家族が家の中にいないと見て取ったドライバーはちさとにいきなり襲いかかった。口の中に下着を押し込まれ、犯されるちさと。ちさとが気絶したあと、ドライバーが周囲を見回すと落ち着いたたたずまいの家であることが分かる。場所をリビングからちさとの部屋に移し、お互い全裸になってもう一度犯す。意識を取り戻したちさとにドライバーは声を掛ける。「これが夢だったらよかったのにねぇ」と。