俺の女社長

コミック

トンでも無いオバサンに慰み物にされる栄誉(?)ある接待役に命じられた…そんな条件飲みたくないが、本当に好きな人のためなら頑張れます…好きなのは貴女です…