母姦獄【第14話】

コミック

大家の息子・レンによって無差別売春を承諾させられた未亡人・マヤ。新たな指令として実子・カイトへの性奉仕を命じられたものの、ギリギリのところで踏み留まり、一線を超えることは免れた。その翌朝――。昨夜の出来事を気にかけながらも朝食を共にする母子の空気はいつもとは違っていた。手コキ以外は絶対に要求しないと約束するカイトに母は安堵するも、来たるべきその瞬間への期待と恐怖を隠することはできなかった。抑えきれない欲望の重圧から逃れようと、ひとり熟れ切った体を慰めるマヤ。だが、そのときレンから電話が入り……。恐るべき調教劇は、ついにレンとカイトが通う学園内へと浸食していく――。美しき未亡人に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!重鎮・風船クラブの凌辱大作、新章突入の第14話!!第1~6話を収録したデジタル単行本「母姦獄」好評配信中「風船クラブ」同人フロア配信作品はこちら