ご主人様のシゴト

コミック

朋也の家には誰にも言えない秘密のペットがいる。それは猫耳をつけた半裸の姉ちゃんだ。朋也が帰ってくるなり、包茎ちんぽをずっぽり咥えてくる。まだむいたことのない皮を、今日は初めて口でむいてくれた。あまりたくさん動かすものだから、つい出してしまう。姉ちゃんは「朋也のミルク、濃くっておいしい」とご機嫌だ。今日はお尻の穴に、アナルビーズつきのしっぽを入れている。アソコにちんぽを入れると、ごりごりが当たってすごい気持ちイイ。飼い主の朋也までがまるで動物のように腰を振る。