UNTITLED HOTSPRING

コミック

相変わらず怪物たちにとらわれたままの冒険者ヤトリ。いつも荷物運びとしてよく働くご褒美に、怪物たちが秘密にしている温泉に連れてきてもらえることに。なんだか一行にすっかりなじんでしまい、温泉の気持ちよさともあいまって、このままでもいいかなと思い始める。怪物たちのちんぽを洗っているうちに、こういうことにも目覚めてきて、うっとりした表情で身を任せるようになっている。キスまで簡単にされて、いつも通り皆のちんぽを口で掃除すらする。