その手をとって(4)

コミック

結子とのセックスとの最中、いきなり弥月の股間から生えてきた男性器と触手。それらに犯されて怯える結子だが、今までにない感触に翻弄される。オモチャだろうかとも思ったが、それはまぎれもなく弥月の身体から生えていた。痛みと恐怖に涙を浮かべる結子。しかし、弥月の「すき」という言葉に抵抗できず、身体を開く。触手は結子の乳房とクリトリスを思うままに貪り、結子は激しい官能の渦に溺れる。