雨宿り

コミック

あれはもう五年前、中学一年生の雨の日に私に自分の傘を押し付けてずぶぬれで走って帰って行った男の子…○校生になって同じクラスになった今も返せないままの…傘。そして、また雨の日、雨宿りをしている私にまた彼は傘をかしてくれようとした。ふとしたきっかけから一緒に帰ることになり、車に水をかけられて服がぐしょぐしょになった私に彼は「タオルと着替えぐらいあるからウチ、寄ってくか?」と言い…?