精液中毒

コミック

漫画家もデビュー後10年もたつと井戸のように枯れ始める。井戸の水の量は読者数にも比例する。しかしどの世界にも例外は存在する。オイスターだ。今もって‘鬼畜エロ漫画の帝王’の座は揺るぎそうにない。本書は5部構成からの「精液中毒」、そして読み切りの「DOLL HOUSE」から成る。今よりややロリっぽいキャラでの無情振りが満喫出来る。