SINOさんといっしょ(5)

コミック

寝ている志乃さんの脇で、情欲が押さえきれない先生。腕立て伏せをしてごまかしていると、かおりたちが部屋を覗いていることに気付く。自分は教育者だからそのようなことは断じてしないと言い募る先生だが、彼らがいなくなるとやはりそわそわしてしまう。目が覚めた志乃さんの言葉にはなんだかトゲがある。どうやらかおりが言ったことを真に受けているようだ。たじろぐ先生だが、志乃さんに優しく誘われて……。