万亀千鶴の受難

コミック

私、万亀千鶴。工業学園に通う二年生の女の子です。こんなめでたい名前の私ですがちっともついてません。好きだった先輩を追いかけてこの学園に入ったのに、先輩はモフォになってしまいました。クラスメートの男子には背が低いのに巨乳なのをからかわれセクハラされ泣かされました。でも、そんなときに私を助けてくれた人がいました。高橋優君。そんな高橋君を私は好きになってしまいました。でも、ある日急に衝撃的な出来事が。なぜか私がクラスの精処理委員に選出されてしまったのです…