秘密

コミック

駅から離れた閑静な道にはコンビニが一軒もなく途中に公園の公衆トイレがあるだけである。そういうところは意外に使用頻度が高いので僕はよく「利用」する。もちろん彼女達の恥態をのぞく為だ。色んな表情を示す、彼女達にコーフンするが、その中に○校時代ずっと好きだった女が!!実はそれは男のことを知っていた彼女の誘いだった。互いのシュミが高じて激しいプレイに。