犯る気スイッチ ~家庭教師の僕が生徒を催眠レイプしまくる秘訣~ (5)

コミック

ダークサイドエロスに目覚めた肉そうきゅー。が放つ新感覚催眠レイプ連載第5話!!主人公の青田伝助(あおたでんすけ)は受け持った生徒の成績を必ずアップさせるという人気の凄腕家庭教師として知られていた。その人気の秘密は「犯(や)る気スイッチ」にあった。「犯る気スイッチ」とは体のどこかにある光るスイッチの事で、それを押す事により日頃の溜まった不満(ストレス)を性的欲求として一気に爆発させることができ、スッキリした気持ちで勉強に集中する事ができるようになるというものだ。そして伝助は「犯る気スイッチ」を利用して受け持った女子生徒を食いまくっているのだった。ある日、用事で家庭教師センターに来ていた伝助は初めて「犯る気スイッチ」を使ってレイプした時の夢を見ていた。そこにセンターの事務員・美月(みつき)がやって来て目が覚める。美月から家庭教師を希望している生徒が来ているので話を聞いて欲しいと言われ、大好きな美月のお願いならという事で引き受ける事に。生徒が待っている部屋に行くとなぜかラブラブなバカップルがいて一緒に勉強を見て欲しいと言われる。ラブラブっぷりを見せつけるカップルにイライラする伝助だったがここでいいアイデアが閃く。それは「犯る気スイッチ」を使って彼氏の見てる前で彼女を寝取りレイプするというアイデアだった。伝助の暴走が加速する!!