色情三十路妻

コミック

美少女コミックなのに熟女物。分かったような分からないようなコンセプトがこのアンソロジーの売り。なんと言っても傑作なのが葵ヒトリの‘ニッポンのオモイデ’黒人物にして寝とられ要素たっぷり、お買い得な1本。現在、熟女を描かせたら業界でも屈指の葵ヒトリが是非描かせて欲しいと熱望して描いた作品。人妻を寝とる黒人がステレオタイプな狂暴な黒人ではなく(性器は狂暴だが)心優しい性格というところがいかにも葵ヒトリテーストで楽しめる。しかもその狂暴な性器で人妻を狂わせてしまうという抜きどころ満載の逸品。その他の作家陣も魚萬コタロー鈴木ひろみち等のトロトロ人妻系。中島史雄、みきかず等のベテラン陣。PURUpyon西東、橘孝志、内田こねり等の中堅陣の手応十分の人妻作家達が、‘陰部の熱い汁が溢れ出ている’三十路妻のスケベな恥態をエグク描きつくしています。