Bunny Honey!

コミック

おれが気になっている月姫は、このクラスで一番背の低い女の子。宗教上の理由とかでウサギ耳、ウサギシッポを決して外そうとしない。最初は変な子だとしか思わなかったが、偶然見かけたセクシーショットが目に焼き付いて離れなくなってしまった。悶々とした日々を送っていたおれは、ある日ウサギを祀ってある祠の像が転がっているのを直し、お供えを置く。すると翌日月姫が自分がその神さまだと言っておれに話しかけてきた。