ばち☆あたり

コミック

子宝の神を祭る神社で巫女を務めるようになってから、そのご利益か男を惹きつける豊かな肢体となった清美。その肉体を駆使して気にいった参拝客に手を出していた清美は、さらに男根型の御神体にまで手を出し自らの尻穴へと挿入。ふたなり少女の姿で顕現した神按幸(あんこう)は子作りではなく肉欲の為だけに複数の男と交わっていたビッチ巫女を教育するため、神通力で疑似妊娠させボテ腹で母乳が出る肉体にしてしまう。だが言霊を駆使して子宮口へ神の肉棒を銜え入れ、妊婦状態でのSEXを楽しんでしまう清美は、さらに参拝客の男性を利用して――。