うさぎのこえ 716号室真綾の友達

コミック

友達のいない真綾はよくアパートの子供たちを連れて一緒に遊んでいた。同級生の女子たちから「ガキ同志お似合いだわ」と言われて恥ずかしくなった真綾は今から大人の遊びをしようと言いだし、秘密基地に行って大人の遊びを始めた…。