我が名はオッパイ(2)

コミック

平和な公園の日だまりで、茂夢彦は乳雷王KIMIKOと幻乳王HARUMIの乳を揉みながら穏やかな時を過ごしていた。そこに現れたのは、おっぱい保護審査協会上級ぷに顧問のマリ子。彼女は茂夢彦が神聖ニプレッサ帝国を壊滅させたことに警戒心を抱き、彼を審判にかけるためにやってきたのだ。KIMIKOとHARUMIが止めるのも聞かず、その挑戦を受ける茂夢彦。100人の美乳の中から最も素晴らしい乳を選べれば、その娘にいつでも好きなだけパイズリできる権利を得られる。しかし、不正解であれば、待ち受けるのは死だという。