カゴノトリ(2)

コミック

お坊ちゃまのツバメは、メイドのひばりに呼び出されてメイド寮へと足を運ぶ。しかし、ひばりの部屋は留守だった。そこでツバメはひばりのメイド服を目にする。それを抱きしめると、いい匂いがして、ツバメはイケナイ気持ちに。オナニーする罪悪感にまみれながらも、手は止まらない。イキそうになるその刹那、そこにいたのはひばり。ストッキング越しに足コキされると、射精してしまう。出すのならひばりの中という約束を破ったために、ツバメはおしおきを受けることになる。