新婚さんの事情

コミック

私とあーくんは新婚さん。お風呂上がりにさっそくHをしようとしても、仕事で疲れ切っているあーくんはいつも寝てばかり。あまりの寂しさに私はひとりで遊んじゃうことにした。自分でするのは本当に久しぶり。まずは乳首をくりくりすると、気持ちよくなってきてアソコがぐっしょり濡れてくる。指を入れてかき回すと、いやらしい音がして声が漏れる。そうしたらいきなりあーくんが起き出して、私にハメてくれた。あーくんのおちんちんはおっきいけれど、全部入っちゃう。