隣の女の子がエロ過ぎて困る

コミック

もなかは俺の、少し年の離れた幼馴染み。まるで妹のように可愛がっていたが、ある日俺の部屋でエロ本を見つけてから俺の肉奴隷を自称するようになり、すっかり変わってしまった。しかし、その調教モノは友だちに押しつけられたもので、俺の好みなどではない。俺はもなかにそんなことは望んでいないのだ。しかし、ローターをまんこに入れてあそこを濡らすもなかを俺は拒否しきれない。もなかの誘惑は俺の嗜虐を誘い出してしまった。