ブラコンすりすり

コミック

俺の妹の理戸は、極度のブラコン。今日も俺のチ○コにアソコをすりよせてくる。セックスしたいからという理由で、「兄ぃがその気になるまですりすりする」とまで言っている。怒った俺は、今後理戸が俺に触れるようなことがあったら、俺は家を出ると脅してみた。効果はてきめんだったが、ある日とうとう我慢ができなくなった理戸は、俺の目の前でオナニーを始めてしまった。あまりの至近距離でオナられているうちに、つい俺は……。