天然ぶるま

コミック

一人でアパート暮らしを始めた勇太にぃのところに、幼馴染みのしのぶがしょっちゅうやってくるようになった。しかしクーラーのない部屋はあまりにも暑い。しのぶは以前の体操服とブルマーを身につけて暑さ対策。そして、痩せるための運動を手伝って欲しいと言い出す。勇太は「運動量を上げるため」と言いつつ、胸を揉んだり乳首をつまんだりとやりたい放題。ブルマの上から顔をうずめてパイズリさせているうちに、とんでもないことに。