超!桃尻勉強法

コミック

「勉強で大事なのは集中力」と言って先生は、僕が勉強している机に乗って、ペンでオナニーしている。そんな姿を見せつけられてはたまらない、僕はもう我慢できない。先生だって口では嫌がっているけれど、本当はコレが欲しいはずだ。その証拠に乳首は硬くシコっているし、オマ○コもひくひく痙攣し始めた。これって僕の精液が欲しいってことだ。先生のお尻を見ているだけで射精しそうなのに、こんなエロ尻にしごかれたら、僕はもう……!