SWEET STEP

コミック

七海はいつも春くんの部屋でくつろいでいる。そんな七海にエッチないたずらをすると、彼女は顔を赤らめて恥ずかしがるが、抵抗はしない。いつものようにフェラや巨乳でのパイズリをしてくれる。ぱんつを見るのもおっぱいを触るのも口でするのもOK、なのに七海は最後の一線だけは拒む。それは好きなヤツとしたいのかと思う春くん。しかし、七海が拒む理由はそんなことではない。ある日、春くんあてのラブレターを見つけた七海は……。