クリスマスのおくりもの

コミック

僕には妹がいる。去年のクリスマスにサンタクロースからもらった、世界中でただ一人僕のためだけの妹、マリ子が。でも、最近マリ子の寝顔を見ているとなんだか落ち着かない気分になる。パジャマのズボンとパンツを脱がして匂いを嗅ぎ、そのまま我慢できなくなって挿入してしまう。だが、妹には僕に言えない秘密があるようだ。そもそもここの家に来たのも、本当にサンタのプレゼントだったのだろうか。そんなことはどうでもいい、僕は今日もマリ子の宿題を手伝っているうちに、なんだか妙な気持ちになって……。